2017-04-26

久しぶりのお絵かきですわ。

こんにちは。
「ひとりしずか」です。

今日は朝から雨でございました。
昨日...車を洗ったのに...
天気予報はチェックしなきゃいかんですな。
くっそー、ワックスかけときゃ良かった。

さて、そんなアンラッキーな「ひとりしずか」ですが。

先日、かなり久しぶりにスケッチブックと向き合いましたの。
友人から似顔絵を頼まれていたので、一気に仕上げました。
まぁハッキリ申し上げますがほぼ忘れていた次第でして。

年明けてから、ずっと忙しかったしね。

恐ろしく苦戦した...久々だから。元々ね、デッサンの基礎すら学んでいないアタクシですから、そりゃ大変でございましたよ。
アニメチック(?)なイラストならスラスラ描けるのよねぇ...空想だから自由だし。
これが似顔絵となると...特徴を掴むまでに時間がかかってしまいます。

数年一緒に働いた元同僚で、今でも仲の良い友人なのに、いやいや意外と描けないもんだね。
しかし写生ではなく「イメージイラスト」なので、肩の力を抜いてチャレンジ。

じゃん。

イメージイラスト

一応、本人からOKもらったものの...レイアウト滅茶苦茶だね。
思いつくままに描き進むクセを直さなくては。

しかしイラストって面白いですね。
自分のメンタル状態もわかると言う不思議。ある意味、これ自己セラピーです。

あ〜楽しかった。

それでは、この辺で。
アデュー( ̄^ ̄)ゞ
スポンサーサイト
2017-04-21

ルチルクォーツのルースを仕入れました。

こんにちは。
「ひとりしずか」です。

春だ〜。
春だ春だ。
小窓から漏れ聞こえるのは鳥のさえずり、高く飛ぶ飛行機のエンジン音。
風に揺れる木々が優しく囁きかけます、「心地よい午後ですね」と。

あぁ、なんと穏やかな春の昼下がり。

肩凝り全開だけど!

痛いよぉ〜!首の後ろから肩甲骨にかけて激痛NOW!
昨夜はあまりの痛さに眠れませんでしたよ。
まさか自分が肩凝りに悩まされる日が来るとは...!

40歳、嗚呼40歳でございます。

それでも負けない、今日も作る人。我こそは「ひとりしずか」なり!

本日はこちらのご紹介をば。
じゃん。

ルチル1

ルチルクォーツのネックレスでございます。

しずく型のルースを手に入れたので、シンプルに縁編みで仕上げました。
まぁ...穴開けてトップ加工してあったのですが、あえてのマクラメ。

ロウビキの紐は明るめ。これからの季節を意識した次第でございます。
夏が来るぜ!いや、まだ先だけど!

ルチル2

残念ながら、純度は低めでございます。
水晶ならではの透明感は楽しめますが、針の量は少ない...残念!
天然石全般に言えることですが、価格変動が激しいですね。

特に希少石に関しては「うなぎのぼり」ですよ。もちろん、ルチルも。
ちょっと針が多めだとドン!と強気な値段になりやがるのでございます。
数年前なら同じ額でタイチン買えたわよ?!ぐらいの勢いですよ。

前にもお話ししましたが、ハンドメイド作品を販売する場合は「素材費×3」の鉄則(?)がありまして。
より純度の高い石を使いたい欲求はあるものの、販売価格が上がってしまうと問題ですからね。
う〜ん、ジレンマ。

ルチル5

なかなかの大きさです。
2.5cm×2.2cm、そして厚みは...

ルチル4

1cm!厚い!

横から見ると水あめのようですなぁ...ぷっくり可愛い。

さて、ちょっとルチルクォーツのお話をしましょうか。
市場では「針水晶」もしくは「針入り水晶」と呼ばれておりますね。

水晶の中に入ったチタン成分が酸化して、金色の針に見えることから「金運のお守り」として珍重されてきた天然石。
年々希少価値が高まっている人気の種類です。

ルチル

ちなみに、中に入っているルチルは「金紅石」と呼ばれる希少な鉱物で、チタンの製造に使われます。

なぜ金運のお守りと言われるのか...諸説ありますが、もともと中国華僑の人々が好んで身につけていたことから「カリスマ性を高めて富を手に入れる力がある」と信じられるようになったらしく。

つまり科学的根拠はありません。

まぁ、天然石なんてそんなもんですよ。いわゆるパワーストーンの「意味」は、ギリシャ神話や古い伝説、もしくは噂話(?)に基づいたものが多く、決してその石の力を裏付けするものではありません。

実際に天然石にまつわる不思議な話も耳にしますが、アタクシ的には全て人の心のなせる技だと思っております。天然石はあくまでも祈りの象徴であって、魔法の杖ではないと考えております。(だからパワーストーンって造語も嫌い)

しかしダイアモンドやルビー、アクアマリンなどなど、人を魅了する(時に惑わせる)力を持つのは事実でございます。
唯一無二の存在、人々の信仰の象徴とされてきた歴史...地中で長い年月をかけて成長し、人の手によって輝きを得る。やはり天然石は素晴らしい!

...ん?何の話だっけ?
っあ、そうそう「ルチルクォーツ」ですよ。

ルチルクォーツの価値、本当に上がっております。純度によっては、8mm玉が1つ数万円になるものも。
水晶に濁りのあるルチルクォーツは割と安価で手に入りますが、それでも針の量は減ってる気がする...。
もし手元に質の良いルチルをお持ちでしたら、めっちゃ大切にしてね。

あ、水晶は紫外線で変色しますのでご注意を。1度変色したら元には戻せません、保管場所を見直してくださいね。

ルチル3

タイチンには程遠いですが、ぷっくり可愛いルチルクォーツのネックレス。
ただいまminneに出品中でございます。
言わずもがな、1点しかありませんのでご興味のある方はぜひアクセスしてくださいね。

それでは、この辺で。
アデュー( ̄^ ̄)ゞ

click!⏩⏩ハンドメイド作家として活動中です⏪⏪click!
hitori-szk2hitori-szk4hitori-szkhitori-szk3












2017-04-08

ローカルなイベントに参加しました。

こんにちは。
「ひとりしずか」です。


九州は雨模様。しばらく続くようですが...気温の変動が激しいせいで、桜もビックリしていることでしょう。

先日は朝の散歩中に土筆を見かけたので、春休み中の甥っ子2人を連れて「土筆採り」に出かけました。
こういう時、田舎って良いなぁとつくづく思います。田んぼだらけなので、いやむしろ田んぼしかないので、農道沿いを歩けば土筆が取り放題。

今年から中学生になる上の甥っ子も、夢中で袋に詰めておりました。まだまだ可愛いわね。
下の甥っ子はまだ3年生なので、早々に飽きてダンゴムシをイジメていました。
「ダンゴムシは大きくなったら王蟲に変身するんだよ」
と脅したら、鵜呑みにして逃がしておりましたが。

いつまで信じてくれることやら。

さて。
先日4/2のことですが、地元で開催された「ハンドメイドフェスタ」に参加いたしました。
めっちゃローカル、ガチ地元。
初めてですよ、地元のイベントに参加したのは。

4/2②

いや〜、ワークショップが中心のイベントだったせいか、子供連れのお客さんが多かった。
おかげで惨敗です。
しかぁし。
地元だからこその強みもありました。

友人が遊びに来てくれたり、前職の顧客さんが顔見せに来てくれたり。おかげさまで、満足のいく売上が取れた次第でございます。
地元サイコー。

メインのワークショップはね、全くお客さん来ませんでした。
マクラメはねー、やっぱり難しいです。
周囲はレジンのアクセサリーやヘヤゴムのアレンジ、カラーゴムのブレスレットなどなど、いわゆる図画工作の要領で展開していたので...うちのブースだけ毛色が違うのですよ。

まぁ、わかってたけどね。でも地元で活動できたから良しとします。
久しぶりに昔のお客さんにも会えたし、充実した1日でした。

4/2①

実演中のニヤニヤ顔を、友人がパシャリ。
編んでる時はね、楽しくてこんな顔になります。

大量の白髪と踊り狂うクセ毛を隠すため、久々にウィッグを使いました。
写真を見て初めて気付いたけど...すんごい若作りしてて笑える。

頑張る40歳、負け戦でも全力投球。

次は6月にイベントが控えております。
それまでは、ひたすらライター&コンビニバイトに精を出すとしましょうかね。

それでは、この辺で。
アデュー( ̄^ ̄)ゞ


click!⏩⏩ハンドメイド作家として活動中です⏪⏪click!
hitori-szk2hitori-szk4hitori-szkhitori-szk3












2017-03-18

40歳になって英語を勉強する心理って、どうよ。

こんにちは。
「ひとりしずか」です。

春になったかと思えば、寒の戻りが訪れる。
体がついていかないですねぇ。
皆さま、いかがお過ごしかしら?

最近、やたらと肌の乾燥がひどいもので...眉間と小鼻の周りが赤く炎症を起こしております。
花粉症なんですけどね、マスクが痛いの。ヒリヒリするの。
花粉を防ぐか...肌を守るか...究極の選択を送る日々でございます。

さてさて。
アタクシ、海外のドラマや映画を観る事が多いのですが。
よく思うんですよね。英語が理解できるようになりたいと。

英会話

ちなみに、多少は理解できます。日常会話なら、ヒアリングはOK。英文も、絵本レベルは読めます。
ただね、話しかけられると何と返して良いか浮かばない。
知ってるはずなのにテンパるんですね〜。んで、モゴモゴしちゃうの。

モールで働いてた頃は、海外の方を相手にすることも何度かあったのですが...とにかくスマートに会話ができない。
アメリカ人男性のお客さん相手に、

Such a beautiful eyes you have.

とか言っちゃうしね。
正しいかどうかは別にして、なに口説いとるんじゃアタクシは

かつて、エストニア出身の友人がいたのですが。
2つ年上の女性で、とても仲良くしていたのに、彼女の結婚を機に疎遠になってしまいまして。
今更ながら残念極まりないわー!
アタクシの乱雑な英語を、我慢強く聞いてくれていた彼女の笑顔が懐かしい...。

その時に学んだのは、身振り手振りつけて話せば何とかなるってことです。
文法なんて気にせずに、とにかく伝えたい事を、単語の羅列でも良いから口に出す。
そうすると、相手がこちらの言いたい事を汲み取って「こういう事?」と言い換えてくれるんです。そこで、正しい言い回しを覚えられるワケでございます。

英会話2

英会話に関しては、完璧に話さなければ伝わらないと誤解している人も多いようですね。
会話に文法なんて関係ないのですよ。大切なのはフィーリング!
アタクシも、単語を使い果たした時はひたすら"Than...You know?"と相手に委ねます。
ね?ね?って感じに、「言いたい事、伝わってる...よね?」と探りを入れると、”You mean...”なんて感じで言葉を繋げてくれるので助かります。

「英語ちゃんと話せるようになりたいんだよね」と言うと、「何で?」と聞かれることが多いのですが。
そんな時はいつも、どう説明すれば良いか困ってしまいます。
正直ね、海外の価値観が新鮮なのでございます。自信を持たせてくれるんですよね、何となく。

1番心に残っているのは、「彼氏作らないの?」の会話。

友人:Do you have a BF?

アタクシ:No.

友人:Why don't you find someone? You don't need one?

アタクシ:Yes I need. But...you know, I'm not pretty...so

友人:Wait a minute, who said THAT? Who said you not pretty?

アタクシ:Ah...no. No one said that...I mean...I thought I'm not pretty...and...

友人:You thought you are NOT pretty? Why? I don't understand...why?

この会話が忘れられません。
彼氏作らないの?って聞かれたから「欲しいけど、そんなに可愛くもないし...」と答えたら結構な勢いで怒られたのでございますよ。
適当に言葉を選んだら、自分で「可愛くないから」と言ったことに食いつかれてしまった次第です。

英会話3

誰が言ったの?え?自分でそう思ってるの?何で?はぁ?ってな感じで。

日本人同士の会話でよくある「えー?そんなことないよぉ、可愛いよぉ」なんて励まし合いではなく、「自分で可愛くないとか言っちゃうのって理解できないんですけど!」って意味合いですね。
とにかく、その日はすごくお説教されてしまいました。

自己表現の方法が違うんですね。
遠回しな言い方や言い訳が通用しなくて、アタクシ的にかなり衝撃を受けたのでございます。
その時、初めて「自分主義」と言うものに触れたような気がして。

まぁ、日本人でもそう言う価値観を持っている方は増えてきましたが...当時はとにかく新鮮でしたね。

あとは、英語だとなぜか大胆になれます。直接的な表現が多いので、思った以上にストレートに気持ちを伝えられるんですよね。

海外アーティストのライブ後に、アフリカ系の音響さんがいたので ”Thanks for a beautiful sounds. You are ROCK!” と話しかけたらハグを返してくれたり、肌が綺麗だと褒めてくれた白人男性に ”Is that a propose?” と言って笑ったらホッペにキスしてくれたこともあります。
こう言うコミュニケーションの取り方、もし日本人相手なら完全アウトですが。
何故か英語だと気軽に言えちゃうんです...不思議だわ。

今は、見慣れた海外ドラマや映画を「字幕なし」で観ながら、会話を真似て練習中。めちゃくちゃ自己流ですが、意外と身につきますよ。

今のアタクシに足りないのはアウトプットだわ。
チャットを利用することもありますが、タイピングが間に合わないし、時差もあるし...あぁ、英語圏の友達が欲しい。

なぁんてボヤいているうちに夜が更ける...
それでは、この辺で。
アデュー( ̄^ ̄)ゞ
2017-03-06

最高のB級映画に出会った...

こんにちは。
「ひとりしずか」でございます。

大変だ、まさかの再来。
花粉症になっちまいました。
何と15年振りですよ。15年...15年も平和な春を過ごしていたと言うのに。
5日ほど前から、アタクシの鼻腔が暴走中。

昔はとにかくひどい花粉症でして、耳鼻科で洗浄しても1時間程度しか鼻呼吸が継続できず、飲み薬でも改善の見込みなし。
ついには、就寝前に血中の酸素濃度が下がりすぎて意識が遠くなり、救急病棟に運び込まれたこともあります。
花粉症で窒息とか、笑えないね。
ホルモン注射で完治したと思っていたのに。

あぁ...今回はどこまで悪化するのかしら。
怖いわ。

これはひとえに体調管理の不行き届きだと思うんだけどね。

寝不足

ライティング中は、朝から晩まで座りっぱなしだし。夜中まで記事のリサーチしてるもんだから、脳が興奮状態で眠れないこともしばしばでございまして。
確かに、栄養バランスのとれた食事や適度な運動は「健康の源」なのでしょうが、脳を休ませることも大切だと痛感する日々。

でも、頭を空っぽにするって難しいのだよ。仕事のことはもちろん、両親のことや家のこと、何かしら思いを巡らせてしまう。
どうすれば良いのかしら...と悩んだ挙句。
独自の方法で「おバカになる」方法を編み出しました。
それはくだらない映画を観ること。

爆笑

どれでも良いから、とにかく「駄作」と呼ばれる作品を観る。
そして笑う、もといあざ笑うのであります。
よっしゃ、今日は頭空っぽにしてやる!と、頑張って駄作を探しました。

とか言いながら。
Huluにアップされた中からめぼしい作品を見つけて、レビューの総合点が低いか、ラジー賞にノミネートされたか、片っ端から調べる始末。ここでも手を抜けない不器用さが出てしまうと言う、何とも本末転倒なアタクシです。

そして出会った作品がコチラ。

シャークネード

シャークネードでございます。

【シャークネード あらすじ】
メキシコ湾で突如発生した3つの巨大竜巻。威力を保ちながら、海を渡ると同時に海中のサメを吸い上げ始める。海沿いでバーを経営するフィン・シェパードは、海の異変に気付き始めるが、時すでに遅し。吹き荒れる暴風と豪雨、そして無数のサメに店を潰されてしまう。従業員のノヴァ・クラーク、親友でサーファー仲間のバズ・ボーガン、そして常連客のジョージとともに命からがら逃げしたフィンは、3つの竜巻がロサンゼルスの中心へ向かっていることに気付いた。別居中の妻に避難するよう連絡するが、「ここは海から離れているから平気よ」と、全く聞く耳を持たない。シャークネードが街を破壊する中、フィンは仲間3人の手を借りて家族の元へ向かうのだが...。


...と、こんな感じでしょうか。

叫びます。
超ド級のくだらなさ!
びっくりした!え?!これ劇場公開したの?!と驚いた次第でございます。

シャークとトルネードでシャークネード。
サメが空を飛ぶんですよ、竜巻の力を借りて。
ビュンビュン飛びながら全力で人を襲う画がね、チープすぎてかなり笑えました。いや設定があり得ないでしょう。
これはファンタジーか?

一応カテゴリーは「ホラー」ですが...も〜ね、逃げ惑う人の緊張感のなさが拍手もの。サメが舞う中を「小走り」する姿の滑稽さがたまりません。
主要人物はテンパっておりますが、空回り感が半端ないのであります。かわいそうなほどに。

とにかくエキストラが少ない。

少なっ!

あれ?賑わうビーチの設定じゃないの?って首をかしげるほどの人数です。
まるで昼下がりの飲み屋街かと言わんばかり。おい待て...奥に見えるグループは明らかに通行人ではないか。

エキストラの少なさを誤魔化すためか、やたら主要人物の「あおり&アップ」シーンが多くて、状況が全く掴めない状態に陥ります。

「ヤベェ逃げるぞ!」
ーあ、近いの?すぐそこにサメがいるのね?
「ッギャー!」
ー叫び声聞こえたけど...誰か死んだ?
「こっちよ!早く!」
ーだからお前らどこにいるんだよ

周囲が見えないせいで、ただ「いやー!」と騒いでいる姿をポカァーンと見るだけ。多分、音から察するにぃ...かなりの人数がサメの餌食になっているんだろうな...と思う程度で、緊迫感皆無。

そうこうしているうちに、更に追い討ちが。
随所に映り込む見物客の影。

...?!

明らかにエキストラではない一般人が、めっちゃ撮影の見物してるんですよ。一応シャークネードのど真ん中って設定ですけど...?
どうせなら走ろうぜ!と、背中を押したくなるわ。

これはまさに、ヘビー級の駄作だった。
部屋で1人爆笑したおかげで、ものすごくスッキリしましたわ。

しかし、侮るなかれ。
この「シャークネード」、実はコアなファンの多い最強のB級映画なのであります。
シリーズ化され、なんと「シャークネード4」まで制作しちゃってるそうで。
いや確かに、2回も観ちゃった。アタクシの場合はアラ探しに近いのですが、いやはや不思議な魅力を放つ作品だわ。

ちなみに今、Huluでは
・「シャークネード」
・「シャークネード カテゴリー2」
・「シャークネード エクストリーム・ミッション」

と、3シリーズがアップされておりまして...こりゃ完全制覇するしかないでしょう。

だってサメが空を飛ぶんだもん
すごくないですか?何度も言うけどサメが空を飛ぶんですよ。
...もう1回観ようかな。

それではこの辺で。
アデュー( ̄^ ̄)ゞ

↓だからサメが空を飛ぶんですってば↓
プロフィール

hitoriszk

Author:hitoriszk
自宅の工房にてお仕事しております、アラフォーのハンドメイド作家です。
お家作業なので、海外のドラマや映画を観まくる日々。
名作や迷作を(個人的な萌えに偏りつつ)ご紹介していきます。
仕事に関する天然石プチ知識やハンドメイド作品のご紹介も。
たまに衝動的にイラストを載せます。
お楽しみ下さいませませ。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR